鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 消化器・乳腺甲状腺外科
閉じる
▲TOPページへ


閉じる
ゲカイチでは他県で外科医として活躍され、鹿児島へ戻ろうと考えられている先生方に、留学や博士号などのご要望について、医局長が直接ご相談にのっています。
>>メールで相談する

特選コラム

外からはわからなかった魅力。

自己紹介

初めまして。鹿児島大学消化器・乳腺甲状腺外科学 後期研修医1年目の原章太郎と申します。
高校までは地元鹿児島県出水市の学校へ通っていました。地方公務員である父が地元の医師不足の実情についてよく話していたことが、医学部を志望した理由でした。
大学時代は部活動やアルバイトに明け暮れてしまい、勉強がおろそかになってしまうことも多々ありました。
卒後は慈愛会今村総合病院で2年間の初期研修を終え、この4月から一外科に入局し、外科医1年目がスタートしました。


 




一外科を志望した理由

 外科を志望した最初の理由は手術に魅力を感じたからです。
手術によって自らの手で物理的に治療してしまう外科医に、学生時代から漠然と憧れを持っていました。
研修医時代に外科の研修をさせていただき感じた魅力は、手術はもちろん、救急対応から術前・術後の全身管理、化学療法や緩和ケアまで幅広くこなす、外科の先生方の視野の広さでした。
手術直後、家族へ予定通り手術が終わったことを伝え、家族のほっとした表情を見たときに、こんなにやりがいのある仕事はなかなかないなと感じました。




入局して感じた魅力

 一外科に入局してみて感じた外科の魅力としては、手術を経験するたび、自分の能力・技術の向上が客観的に評価できるという点です。
後から自分の手術の映像を見返し、上級医の手術の映像と見比べて、次の手術ではここはこうしよう、こんな工夫をしてみようといった改善点が毎回数多くあり、学んだことを生かして成果が出たときの喜びはひとしおです。
医者は生涯勉強とよく言われますが、外科では勉強をしたことが仕事の成果に直結するので、そう言われる所以を身をもって感じています。
また、外科の仕事はハードというイメージがありますが、手術というイベントを中心に、メリハリのある働き方ができるという点も魅力の一つだと思います。




メッセージ

 先述したように私は学生時代から外科に魅力を感じ入局も考えていましたが、3年目の入局先の選択に関しては相当悩んだ経緯があります。
というのも、研修医のローテーションで全く興味のなかった科を義務的に回った時も、その科の魅力・奥深さを感じ、入局先として考えた時期があったからです。
研修医の先生方には多くの科で研修して、外からはわからなかったそれぞれの科の魅力を実感してみることをおすすめしたいです。
一外科はおすすめです。




鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 腫瘍学講座  消化器乳腺甲状腺外科学

TOPページへ


ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る