• TOP >
  • ショートストーリー「ゲカイチ」
  •  ゲカイチヘッダ
    不測の事態とチームワーク


     

     

     

    大変だ…!これは大変だぞ…!






     
    character

    どうしたの?そんなに慌てて…







     

    ブツブツ呟きながらPCの画面を見つめる僕をキョトンとした顔で見ているのは4月から入局の白鷺先生だ。



     

    何って…これですよ…!





     
    character

    新型コロナウイルスへの厚生省の対策のページね…
    不要不急の外出自粛の要請か…
    再開させたところもあるとはいえ、
    まだまだ小中学校の臨時休校も続いているようね






    character

    そのようですね。田和先生。
    インフルエンザと比べて病状は比較的軽いとはいえ、
    重篤な肺炎を引き起こしたりするなどまだまだ未知のウイルスですからね






    character

    SARSやMERSとは比べ物にならない可能性もある。
    高齢者の致死率は高いようね






    character

    その通りです。中田先生、
    もし、非常に致死率の高いウイルスだとしたら…
    これは『復活の日』と同じになりますね…






    character

    半田先生…『復活の日』…?ですか?




     
    character

    『ウオーキングデッド』みたいな小説だよ





     
    character

    映画にもなったSFの名作小説ですよ…傷つきました…。





     
    character

    小規模患者クラスター(集団)の感染を防ぐため、
    いろんなイベントが中止になっているみたいですね





     
    character

    当分の間、大規模なセミナーは中止になったと聞きました…すごく残念です…





     
    character

    大規模じゃなくても医療関係の学会・研究会も軒並み中止だからね…





     
    character

    江良井教授退官の公式なお祝いの宴もなくなってしまいました…。
    集団感染を避けるためとはいえ、
    飲食店に出かけることさえ自粛されていますからね。


    character

    イタリアでは外出規制が厳しくなって観光地も閑散としているようです…。
    このまま長期化すると、
    日本だけじゃなくて世界経済の危機に繋がることでしょう…





     
    character

    東京オリンピックも延期になりましたね…





     
    character

    まだ、鹿児島では感染者が発表されてないとはいえ、
    大規模に人が集まる集会があれば、感染の危険性は高まりますね





     
    character

    …となると…うちは大丈夫なんですか?





     
    character

    現在、鹿児島大学病院では、来院される方に、
    病院入口のアルコール製剤での手指衛生、咳エチケットの遵守。


    character

    4日以上続く風邪の症状や37.5℃以上の発熱、
    強いだるさや息苦しさがある時には、
    『帰国者・接触者相談センター』への相談を推奨したり、
    入院患者さんのお見舞いの方にもご家族以外の病棟への立入りを禁止しています


    character

    その他にも
    『37.5℃以上の発熱・咳・のどの痛みのある方の病棟への立入り禁止』
    『面会の際は、スタッフステーションで体温・体調チェック』…


    character

    地域を代表する病院としては院内感染は絶対に防がなければいけませんからね…






     
    character

    早く治療薬が開発されませんかね…






    character

    今のところ、特効薬はないけど、
    別の感染症に使われている薬が使える可能性があるとして、
    国内外で患者への投与が行われ、
    効果や安全性の検証が進められているみたいだけどね…






    character

    新型コロナウイルスの患者に対しては、
    患者の同意を得て医療機関内で審査したうえで薬を使用する
    『適応外使用』という方法で投与が行われています。


    character

    薬を最初から開発するのに比べて、開発期間を短縮できますが、
    承認を得るには一定の時間がかかるからまだまだ実用の段階ではありませんね…






    character

    新型コロナウイルス感染患者への投与が行われているのは…
    エイズの発症を抑える『カレトラ』、インフルエンザの治療薬『アビガン』、
    エボラ出血熱の治療薬として開発が進められた
    『レムデシビル』、抗マラリア薬の『リン酸クロロキン』ですね






    character

    北海道の旭川医科大学病院と旭川病院では、
    症状が重くなった感染患者に人工呼吸器が必要になるおそれから、
    すでに症状改善の報告があった「カレトラ」を投与して
    『劇的に改善に向かった』という経緯報告も出てるようですね






    character

    ええ…とはいえ、改善に至らないケースもあったり、
    何もしなくても改善に向かった。という報告もあります。
    特効薬がない今は、丁寧に診療して患者ごとに判断するしかないようです。


    character

     みなさん…このような不測の事態こそ、医者としての実力が問われますよ。
    固定概念や知識にとらわれすぎず、病状に応じて是非を判断する…。
    『常にこれでいいのかと自問自答する』


    character

    これは私たちの分野にとっても大事な心構えです。
    そのためにもひとりひとりのチームワークが大事です。
    事態を悪化させないためにも、
    大変ですがみなさんコミュニケーションを取り合って頑張っていきましょう!






    charactercharactercharactercharacter

    はい!






    character

    ん?桐野くん…まさか、この情報を知らなかったとは言わないよね?
    なにか別の心配ごとがあるんでしょ?






    character

    え、あ、はい…
    外出禁止の措置が出ている国もある中、
    計画していた合コンが立て続けに中止になっちゃって…






    character

    あぁ…桐野くん…心配になってきました…






    character

    違います!…僕は日本の経済的打撃を心配しているんです!






    character

    うん…それがホントなら、安心だけど…。
    じゃあ、資料作成の方、よろしくお願いしますね






    character

    はい!まかせてください!






    character

    頼もしい…。それでは、新しい教授の歓迎会は私の家で行うことにしましょう。
    私たちは検査を受けていますからね。
    桐野くんもコンパが中止になって時間に余裕ができたよね。
    歓迎会の段取りをお願いしようかな






    character

    え、あ…はい…了解です…






    character

    大丈夫!手伝うよ!






    character

    いいですね…
    『ゲカイチはチームワークが命!』ですからね…







     


    ゲカイチフッタ

<< 前のショートストーリー   次のショートストーリー >>

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1

Copyright (c) 2020 Department of surgical oncology kagoshima university graduate school

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 腫瘍学講座 医局長:蔵原 弘 〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1