• TOP >
  • ゲカイチ先生の留学見聞録
  • Surgeonずラブ

    Surgeonずラブ

    こんにちは.今回の担当は2013年度入局の鶴田祐介です.
     

    入局までの経緯

     

    まずはゲカイチ入局に至る経緯からお話しします.
    出身は鹿児島県指宿市です.指宿高校卒業後に,当時何を思ったのか,本州最北端の青森県にある弘前大学医学部に入学しました.
    もともとの指宿訛りと津軽弁が混じり,より強い訛りになってしまいました.
    小学生の頃からサッカーをしていましたので,大学でも部活動はサッカー部を選択しました.
    サッカー部の先輩・同期の多くが,卒業後に整形外科,消化器外科,心臓血管内科等を選択していましたので,
    自分もそのような科に入局することを想像していました.


     

    ポジションはDF.東医体はベスト4でした

     

     

     

     

     

    弘前大学医学部卒業後は青森に残ることも考えましたが,最後は家族の勧めもあり,鹿児島大学病院のプログラムで初期研修を行いました.
    初期研修では様々な診療科をローテートしましたが,どこの診療科も魅力的に感じて,入局先をどんどん迷うようになりました.
    それでも学生時代に考えていた消化器外科は鹿児島市立病院と鹿児島大学病院でローテートしました.
    消化器外科の先輩方はみんな輝いているように見えましたし,仕事内容のやりがいも伝わってきました.
    しかし,高度な手術や患者の命に深く関わっていく姿を見て,自分に出来るのかと,自信がなくなり,ますます入局を決められなくなってしまいました.研修医2年目の半ばを過ぎても入局先を決めずにいましたが,消化器外科の先生方にはローテートが終わった後も勧誘をして頂きました.
    結局,最後は宴会でお酒をたくさん頂いたことが入局のきっかけとなってしまいました.
    それもお酒で記憶がなくなり,後日,何度か入局宣言をした覚え(入局するする詐欺)があります.
    当時,勧誘して頂いた先生方にはご迷惑をおかけしました.


     

     

     

     

     

    2013年入局の同期と夏越教授と桜の樹の下で

     

     

    消化器・乳腺甲状腺外科に入局後からこれまでは本当に充実した日々を過ごしています. よく周りからは外科は忙しいと言われますが,充実しているので苦に感じることはありませんでした.趣味であるサッカーは今でも時々していますし(年々,動けなくなっていますが),お酒も頻繁に飲みに出歩いています.
    手術に関しては入局後も,自分に出来るのかと,常に不安や恐怖を感じながら行っていましたが,最近ようやくそんな中でも,執刀することへの楽しみが増してくるようになりました.それでも上手くいくことばかりではなく,まだまだ精進が必要と感じています.

    このように優柔不断で,外科でやっていける自信がなかった私でも,消化器・乳腺甲状腺外科に入局したことに後悔することなく,これまで過ごすことが出来ています.同じように外科に興味があり,迷われている後輩の皆さんには,入局をお勧めします.

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    国内留学〜九州大学病院別府病院〜

     

    続いて,2017年6月より大分県別府市にある九州大学病院別府病院に国内留学の機会を頂いていますので,ご紹介を致します.
    九大別府病院は昭和6年に九州大学温泉治療学研究所として開設され,病院と研究所を兼ね備えた伝統のある施設です.
    現在の外科教授である三森功士先生の下には,がん研究を学ぶため,全国から研究生が集まっています.

     

    九大別府病院は春になると桜が咲き乱れて花見スポットとなります

     

     

    その中で私は九大別府病院で医員枠を頂き,消化器外科および乳腺外科の診療を行いつつ,研究を行っています.
    臨床は三森教授のほか,九州大学3名,大分大学1名と私のメンバーで行っています.
    術式の違いや考え方の違いなど,発見があり,様々な経験をさせて頂きました.そして,日々の臨床で生じるクリニカル・クエスチョンをリサーチ・クエスチョンに変換させて,最先端の研究が行われています.
    三森教授や指導医の先生,研究生にご指導を受け,取り組んでいるところです.
    また九大別府病院は全国のあらゆる施設と共同研究を行っており,がん研究で高名な先生も数多く,別府にお越し頂き,お話を伺う機会が頻繁にあります.研究面でも貴重な経験を頻繁にさせて頂いております.


     

     

    三森教授と共に米国がん学会(AACR)でシカゴへ

     

     

     

     

     

    また別府は鹿児島と同じくらい自然が豊かです.
    街中にはたくさんの温泉施設があり,毎日温泉を楽しめます.関アジ,関サバ,フグ,豊後牛など,美味しいものもたくさんあります.
    九大別府病院にご興味のある方がいましたら,是非一度,お越しください.

     

     

     

     

     

    九大別府病院に是非お越しください




     

     

     

     

     

     

    2019-01-28 22:24:05

<< 前の記事   記事一覧  

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1

Copyright (c) 2019 Department of surgical oncology kagoshima university graduate school

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 腫瘍学講座 医局長:蔵原 弘 〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1