• TOP >
  • ゲカイチ先生の留学見聞録
  • 入局の決め手は先輩の姿でした。

    入局の決め手は先輩の姿でした。

    はじめまして。2017年度新入局の福田皓佑と申します。
    ゲカイチを読んでくださっている学生さん、研修医の皆さんに少しでも外科の魅力が伝えられたら幸いです。


    まずは私の自己紹介ですが、平成2年に鹿児島市で生まれました。
    幼少期は両親の転勤で鹿児島県内を転々とし、中学は志學館中等部に入学。
    その後志學館高等部を経て、鹿児島大学医学部に進学しました。


    私が外科医を志したのは実は医学部5年生の臨床実習(ポリクリ)に入ったときでした。
    医学部4年生までは、講義がほとんどで手術室に入るどころか、病院で実習する機会もほとんどありませんでした。
    講義を聴いたり試験の勉強をしたりするうちに、自然と将来は内科に入ろうと考えていました。
    一外科のポリクリを回り始めたときも、自己紹介で内科志望と言ったのを覚えています。

    そんな私が一外科のポリクリを通して感じたのは、手術の面白さ、外科手技を練習する面白さ、
    そして何よりも、外科の先生方の生き生きと働いている姿でした。
    何時間も立ちっぱなしで休まずに手術をした後なのに、外科の先生方は楽しそうな、満足気な表情をしていました。
    ある先生に、
    「外科医という仕事は常に新しいことに挑戦できる。
    一年一年成長できて、こんなに楽しい仕事はないよ。
    それに患者さんの命にも直結する仕事だし、とてもやりがいがある仕事だよ」
    と言われました。
    そんな言葉を頂いたり、手術に没頭する時間が増えるにつれて、自然と外科を志すことに決めていました。

    一外科を回って、消化器外科になることに決めた私は、
    鹿児島市立病院で研修医として働き始め、いろんな科で研修させていただきました。
    その中で消化器外科はもちろん、呼吸器外科、小児外科、心臓血管外科で研修をしていくうちに、どんどん外科の魅力にはまっていき、どの分野も興味がわいて、自分がどの外科に入りたいか非常に迷うようになっていました。

    正直入局を決める直前まで迷っていましたが、最後に一外科に入る決め手になったのは、一外科の先輩方の姿でした。
    一外科の先生方はもちろん手術は上手なのですが、それ以外のこと、
    つまり癌の患者さんの内視鏡やエコーなどの診断から化学療法や緩和医療までできます。
    土日は地方の病院へ救急当直に行って自分の専門以外の患者さんも診ているのです。
    そんな先生方をみて、この医局で頑張れば、こんな素晴らしい先輩方みたいになれる、そう思って入局を決めました。


    ヘリポートにて




    今一外科に入って半年以上が経ちました。
    大学病院の勤務は予想以上に忙しく、疲れ果てて帰ってくることも多いのですが、
    それでも、かつてポリクリのときに一外科の先生が私に教えてくれたように、毎日毎日成長することができて、とても充実感があります。
    手術の勉強をして、手術に臨んで、うまくいかなくて、また反省しての繰り返しがとても楽しいですし、
    内視鏡検査や化学療法、緩和など手術以外の様々な経験も豊富にできます。それが患者さんの治療に直接つながっていて
    、本当にやりがいのある仕事だと思います。

    まだ自分が憧れた先輩方にはほど遠いですが、
    日々スキルアップしていくことが本当に楽しいですし、そんな経験を与えてくれるのが一外科だと思います。
    そんな充実した楽しい外科医としての生活を一緒に歩んでみませんか。



    熱海にて





    2017-12-19 01:54:13

<< 前の記事   記事一覧   次の記事 >>

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1

Copyright (c) 2022 Department of surgical oncology kagoshima university graduate school

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 腫瘍学講座 医局長:有上貴明 〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1