• TOP >
  • ショートストーリー「ゲカイチ」
  •  ゲカイチヘッダ
    留・・・学?




     辰田先生のお話を聞いてから、時間が空いた時に英語の勉強を続けている。(Vol.46参照)

     その成果もあってか、海外の刑事ドラマを字幕なしで理解できるくらいには聞き取れるようになってきた。
    だんだん自身がついてくると、なんだか海外留学と言う選択肢も夢じゃないなんて…。

     そんなことを考えながら、午前の診療を終え医局へ向かう途中、3人の先生方から声をかけられた。





     

    桐野

    桐野くん、お疲れさま。







    桐野

    Hell…!…あっ!…おつかれさまです!
    喜田先生と新畑先生と3人でどうされたんですか?






    桐野

    いや、僕たちと同じように究成病院へ国内留学している後輩が
    江良井教授への進捗報告に来ているから、
    みんなでお昼ご飯にでも行こうかと思って待っているんだよ。







    桐野

    なるほど。







    桐野

    そうだ、ちょうど良かった!
    その後輩を桐野くんにも紹介したいんだけど、少し時間ある?







    桐野

    はい!ぜひ!








     

     外門先生、喜田先生、新畑先生が究成病院へ国内留学していたなんて初耳だ。







     

    桐野

    みなさん、究成病院へ国内留学されていたんですか?







    桐野

    そうだよ。あれ、知らなかった?






     
    桐野

    はい。初耳でした。








     

     ちょうどその時、こちらに向かって歩いてくる一人の先生が見えた。







     

    桐野

    あっ、いたいた。植木先生!
    お昼ご飯の前だけど、ちょっと時間ある?






     

    …植木先生?始めて聞く先生の名前だ。





     


    桐野

    みなさん、ごぶさたしています。
    先生方のご活躍、向こうでも耳にしていますよ!






     
    桐野

    植木くんも口が上手くなったね(笑)






    桐野

    いやいや(笑)






     
    桐野

    植木先生の究成病院での活躍も聞いてるよ。
    そうそう、こちらが桐野くん!






    桐野

    はじめまして。研修医の桐野です。






    桐野

    君が、桐野くんか!はじめまして!
    江良井教授から面白い子がいるって聞いていたから、
    一度会いたいって思っていたんだよ。






    桐野

    …面白い子…、ですか…







    桐野

    そういえば、須夏教授はお変わりなく?







    桐野

    はい!さらに精力的に動かれています。







    桐野

    それはよかった!







    桐野

    あの有名な須夏教授の下で研究されているんですか?







    桐野

    そうだよ。







    桐野

    植木先生の担当教授である須夏(菅)教授の元には、
    診療科や医局の枠を超えて、
    世界中から優秀な若い先生方が集まって最先端の研究されているからね。


    桐野

    時代を先取りした研究に取り組み、数多くの論文報告も行っているんだ。







    桐野

    憧れてしまいます!







    桐野

    『真に患者の為に在る医師は、常に学ぶことのできる者』
    って言葉が須夏教授の口癖なんだけど、


    桐野

    須夏教授はもちろんすべての医局員の皆さんが忙しい日常の中にあっても
    『疑問を持ち、知識を蓄え、思考する』
    と言う気持ちを常に持って取り組む姿勢を間近で感じられるから、
    とても勉強になるね。







    桐野

    素晴らしいです。ところで、植木先生は今どんなことをされているんですか?







    桐野

    今は医員として臨床に取り組みながら、
    須夏教授をはじめとした先生方・スタッフの皆さんの指導の元、
    実験やスーパーコンピューターを使った解析に取り組んでいるんだ。


    桐野

    年齢が近い先生方も多いから、みんなで切磋琢磨しながら研究できる環境だね。


    桐野

    まぁ、須夏教授自身が『マシーン』ていう感じかな。
    一度走り出したら止まらない機関車のようなガッツさもかなり影響されるよ。








    桐野

    ゲカイチとも提携し共同研究したことも、過去にいくつもあったね。







    桐野

    そうですね!これも、先輩方の活躍のおかげ。
    桐野くん!究成病院では、日本の最先端をいく研究機関の先生との勉強会を行ったり、
    帝都大学をはじめとした様々な研究機関との共同研究も行っているんだ。







    桐野

    すごいですね!







    桐野

    留学って言うと、どうしても海外の大学病院や研究機関って思いがちだけど、
    国内にも素晴らしい環境が揃っている研究機関があるからね。







    桐野

    そうですね。







    桐野

    ところで、江良井教授への進捗報告は済んだ?







    桐野

    いや、まだ江良井教授にお会いできていないんです…。
    江良井教授、どこに行かれたんだろう?
    もう一度教授室に行ってきます。その後、ゆっくりランチさせてください。







    桐野

    OK!こっちは気長に待ってるから大丈夫だよ。







    桐野

    ありがとうございます!










     

    そう言うと、植木先生は足早に教授室へと向かって行った。







     

    桐野

    桐野くんも留学を考えているの?







    桐野

    そうですね。
    チャンスがあればチャレンジしてみたいって思ってます!







    桐野

    そう。それはいい心がけだね。
    …でも、桐野くんがいないゲカイチは、ちょっと寂しくなるかもね。







    桐野

    そうだね!面白い子がいなくなるとね(笑)







    桐野

    やっぱり…、面白い子…ですか…(苦笑)






     


    その時、突然、後ろから声が聞こえた!







     

    桐野

    桐野くん、何にがっかりしているんですか?







    桐野

    Wow!!!!!!







    桐野

    ははははは、そんなに驚かなくてもいいじゃないですか(笑)







    桐野

    江良井教授、お疲れさまです。
    先ほど、植木先生が江良井教授にご報告しに教授室へ伺いましたよ。







    桐野

    そうでした、そうでした。植木先生との面談の時間でした。
    彼はとてもガッツがあり、さらに真面目に取り組む勉強熱心な先生なので、
    留学先の究成病院でも非常に評価が高いみたいですね。







    桐野

    そうなんですか。







    桐野

    海外への留学はもちろんですが、
    国内留学を通して様々な知識や価値観・考え方に触れることもできますから、
    桐野くんも広い視野で自分の可能性を広げることが大切ですよ。







    桐野

    はい!




     

     

     


    より広い知識や価値観に触れることができる国内への留学…。
    広い視野で広げる自分の可能性…か。

    海外への留学は魅力的だけど、喜例先生とは遠距離になるな…
    そうか…国内留学と言う方法ならいろんな可能性が広がる!


    なんて妄想が膨らむ。





    桐野

    そういえば、桐野くんに頼んでおいた資料は出来てますか?






     
    桐野

    あっ!大丈夫です。今日中には必ず…







    桐野

    それはよかった。


    桐野

    あ、そうそう桐野くん、先のことをいろいろ考えるのも悪くないけど、
    どんな環境でも、いつも真摯に取り組む姿勢が一番大切ですよ(笑)







    桐野

    江良井教授のおっしゃる通りだね。桐野くん(笑)


    桐野桐野

    はははははは!





     
    桐野

    I see… 頑張ります…。



     


     



     

    ゲカイチフッタ

<< 前のショートストーリー   次のショートストーリー >>

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1

Copyright (c) 2019 Department of surgical oncology kagoshima university graduate school

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 腫瘍学講座 医局長:蔵原 弘 〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1