• TOP >
  • ショートストーリー「ゲカイチ」
  •  ゲカイチヘッダ
    大吉効果!


     
    暖房がいらないくらい暖かな陽気の昼下がり。
    誰もいない医局で一人、提出が迫っている論文の最終チェックをしていると、
    だんだん瞼が重くなってくる。


    眠気覚ましのコーヒーを、今日は何杯飲んだだろうか。
    お正月に福岡へ帰省してからというもの、生活のリズムが変わってしまった。


    堪え切れず夢の中へ入り込んでしまった瞬間、急に声を掛けられた。






     
    桐野

    桐野くん!いつまでお正月気分ですか!(笑)







    医局には誰もいないと思い込んでいたため、
    不意に掛けられた喜例先生の呼びかけに驚きすぎて
    イスから転げ落ちそうになってしまった。

     




      

    桐野 き・き・喜例先生!
    い・い・いつからいらっしゃったんですか!





     
    桐野

    ふふふ(笑)。だいぶ前からいましたよ。
    桐野くんは、かなりお疲れみたいね。






     

    憧れの喜例先生に情けない姿を見られるなんて…


    自分でもわかるくらい、顔が赤くなっている。










     
    桐野 ところで、桐野くんはお正月休めたの?





     
    桐野

    あっ!はい。今年は休みをもらえたので、
    ひさしぶりに帰省してきました。






     
    桐野

    桐野くんの出身って…

    たしか、福岡だったよね。






     
       


    喜例先生が僕の出身地を知っている!
    それだけで、天にも昇るぐらい浮かれてしまう。

    その気持ちを見破られないよう、精一杯平静を装った。





     

    桐野 そうなんです。
    故郷が福岡なので、初詣ついでに太宰府天満宮に行ったり…
     
    桐野 ひさしぶりにのんびりとしたお正月でした。
    まぁ、今そのツケがまわってきているんですけど(笑)。





     
    桐野

    それで、お昼寝(笑)






     
    桐野 すみません…





     
    桐野

    ゲカイチは夜勤を含めてしっかりとした体制を整えているから、
    比較的まとまった休みがとることもできるし…
    旅行に行かれる先生もいらっしゃるみたいだしね。







     
    桐野 そうなんですか!?






     
    桐野

    学会などでの講演や研究を兼ねて、
    海外に行かれるなんて話も良く聞くわよ。







     
    桐野 海外かぁ…なんか、芸能人みたいです。
     
    桐野 喜例先生もどこかに行かれたんですか?






     
    桐野

    私も、今度アメリカで開催される研究会で講演することになったから、
    それに合わせてお休みをとろうと思っているの!






     
    桐野 アメリカですか!?いいですね!
    どこですか?ニューヨークですか?ロサンゼルスですか?
     
    桐野 あっ!やっぱりハワイですか?





     
    桐野

    …桐野くん!招待講演がメインなんだけど(笑)。






     
    桐野

    あっ!すみません。

     







     
    桐野

    桐野くん!君も喜例先生たちのように
    海外の研究会の招待講演を依頼されるような外科医に
    早くなってくださいね!

     
    桐野

    男も負けられないけど、女性医師が増えつつある昨今、
    女性医師の活躍する場が増えるのはいいことです。
    特に乳腺領域など、やはり女性は女性に診てもらいたいでしょうからね。






     
    桐野

    教授!いつから聞いていらっしゃったんですか!?






     
    桐野

    君が居眠りしている時からです。






     
    桐野

    えっ・・・・!






     
    桐野

    冗談です。
    でも、桐野くん。
    ココは早く拭いた方が良いですね(笑)。








     
    という言葉と同時に、江良井教授が口元を指差した。





     
    桐野

    あっ…!すみません。








     
    慌てて口元を拭う僕を見て、喜例先生と江田先生が笑っている。





     
    桐野

    えっと…。とにかく僕も海外に行けるように頑張ります…
    というわけで、喜例先生にお願いがあります…

     
    桐野

    お休みから戻られたら、将来招待講演に招かれた時のために、
    研究会での講演に必要な心構えとか教えてください!







     
    桐野

    んー。まだちょっと早いような気がするけど(笑)

     
    桐野

    じゃあ、研究会から戻ってきたら一緒にお茶でもする?






     
    桐野

    !!!!








     
    自分でも何が良かったのかよくわからないが、
    思いがけず喜例先生とまた会う約束をすることができた!





     
    桐野

    ありがとうございます!
    ぜひ、よろしくお願いします!





     
     

    そういえば、初詣で引いたおみくじは「大吉」だった!
    おみくじに記述してある今年の運勢の中には、
    仕事もプライベートも充実する一年って書いてあった気がする!


    早くも当たるとは…
    今年はなんだか良い一年になりそうな予感がしてきたぞ。






     

     

     
    ゲカイチフッタ

<< 前のショートストーリー   次のショートストーリー >>

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1

Copyright (c) 2019 Department of surgical oncology kagoshima university graduate school

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 腫瘍学講座 医局長:蔵原 弘 〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1