• TOP >
  • この教室について >
  • 教授挨拶
  •  教授挨拶ヘッダ





     鹿児島大学腫瘍学講座 消化器・乳腺甲状腺外科学教室では、食道、胃、大腸、肝臓、胆道、膵蔵、乳腺、甲状腺の疾患について、診断と治療を行っています。
     疾患のほとんどは悪性腫瘍であり、これらを対象に臨床および基礎研究を行っています。
     臨床面では、術前診断として内視鏡検査、超音波検査などの手技、画像診断の読影など検査の習熟に努めています。
     周術期管理を学ぶことで、プライマリーケアに対応できるようにカリキュラムを設定しています。切除標本と術前診断の対比検討を行い、診断精度の向上や病理学の知識習得にも力を入れています。外科医として最も重要である日常診療に必要な基本的技術や手術手技の修練のカリキュラムを構築して、外科専門医を取得できるようにしています。

     外科医の守備範囲は広いため、総合外科医としての資質を着実に一歩ずつ磨くことが基本と考えます。その後、総合外科医の上に立脚した各領域の専門分野を選択していく方針としています。大学のみならず関連病院と密な連携を構築しており、認定医や専門医の取得に必要な各種疾患の外科治療を修練できるように配慮しています。関連病院でも診断技術、手術手技、患者さん・家族への接し方、救急疾患への対応、化学療法、疼痛管理、緩和治療など様々な観点から、実践に基づく経験や知識を学ぶことが必要です。

     研究面では、ある時期に、一定の課題について深く入り込んでいくことは重要なことです。
     臨床の場では、経験などから得られる物事を多面的に見る力と、研究から得られる物事を深く洞察する力が必要です。研究するためには土台となる基礎医学を学ぶ必要があります。そして自分の研究の位置が世界でどのレベルにあるのか、文献を読んで把握しなければなりません。さらに今までの報告と異なった新しいアイデアを考える必要があります。

     この一連の研究作業では、仮説を立て、結果を推測し、実証するという考え方を養います。このような考え方はその後の臨床で、目の前の自分の患者さんに対して最も良い治療は何か? 治療が困難な症例で工夫することはないか? 重篤な合併症が起きた場合、どのように対処すれば良いか? という様々な場面でも必ず役に立ちます。
     さらに手術手技、手術器具や治療法の工夫や開発にも臨床魂と研究魂の両者が重要です。私たちは、このような機会を通して切磋琢磨しながらも協力し、一丸となって世界に発信できる臨床および研究を推し進めています。

     教室の先生方とは「明るく、和をもって、一歩前進」の気持ちで日常を過ごしています。医療とくに外科は一人の力ではなく、チーム医療、和が重要であります。教室員の和、病棟の和、同門先輩の先生方との和、基礎・臨床の先生方との和、全国の先生方との和と次第に大きな和になるように努力しています。
     外科に興味があり、癌治療を行いたい、鹿児島の地域医療を発展させたい、そして鹿児島から世界に何かメッセージを送りたい、そのような考えのある皆さん、是非一緒に仕事をしましょう。

     

 

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1

Copyright (c) 2018 Department of surgical oncology kagoshima university graduate school

TEL 099-275-5361 FAX 099-265-7426
鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 腫瘍学講座 医局長:迫田 雅彦 〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘八丁目35-1